pairs(ペアーズ)の全貌

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

彼女作りに最も適した出会い系サイトはどこか?

私は迷うことなく、株式会社エウレカの運営するFacebook恋愛・婚活マッチングアプリ「pairs(ペアーズ)」を推す。なぜなら、出会い系サイトにありがちな下品でアンダーグラウンドな雰囲気がなく、じっくりコミュニケーションを取ることができるからだ。

その全貌をご覧いただこう。

pairsを無料体験

特徴①:婚活も視野に入れた真剣な交際が狙い
特徴②:圧倒的なサクラの少なさ
特徴③:無料でマッチングし放題の圧倒的コストパフォーマンス

無料体験してみる

大学生の彼女ができた体験談とは…?

まずは、ペアーズの利用で私に起きた体験談を紹介したい。停止期間含めペアーズの利用からすでに2年が経過しており、様々な経歴の女性と関わりを持つことができた。

中でも理系の大学生と付き合った経験は非常に印象的だ。ペアーズで付き合うことができたのは彼女が最初で最後だからだ。もちろん、一夜限りの関係や友人止まりの関係も数知れずだ。

いいね!からマッチングまで

年が明けたばかりの頃だ。私は付与されるログインボーナスを利用して、好みの女性にいいね!を押し続けていた。月々もらえる30のいいね!を使い切っていたからだ。

ログインボーナスの数について!
1日目は1ポイント、2日連続でさらに1ポイント、3日連続のログインでさらに3ポイントのログインボーナスがもらえる。ログインボーナスはいいね!の代わりに使うことができる。

あまりにも暇を持て余し漫画喫茶マンボーでこち亀を読んでいると、iPhoneのバイブが鳴った。どうやらいいね!を押した女の子とマッチングできたようだ。私はすぐに画面をタップし、ペアーズアプリを開いた。

まぁまぁだ。いいね!を200弱もらう彼女は、谷村美月風のルックスで可愛らしく見えたのだ。

ただ、私には懸念点があった。プロフィール画像が粗いうえに、アップ気味で顔の全体像がわかりにくいのだ。この場合、ルックスに自信のない女性が詐欺写メを使っている可能性がある。だから、本番のデートでは往々にしてがっかりしがちだ。得てして出会い系サイトとはそういうものだ。

私はあまり期待せず1通目のメッセージを彼女に送信した。

1通目のメッセージのテンプレートについて
1通目のメッセージはテンプレートとして保存できる。「はじめまして!〇〇って言います。良ければお名前教えてください!」など返信しやすい文面を心がけよう。

遊びに誘うメッセージ

メッセージでわかったのは、彼女は就活が終わったばかりの大学生だということだ。就職が決まり、大学生活は卒論発表会のみとなった彼女も暇を持て余していたのだ。

私はその雰囲気を読み取り、彼女をデートに誘った。彼女はやや早いアプローチに返事を少し渋っていたが、最終的には誘い出すことができた。いつも利用する駅で集合し、ディナーの約束を取り付けた。

デートで現れたのは…?

マッチングから数日でデート当日を迎えた。

恋活アプリの利用中、最も緊張し、最も興奮が高まるのは集合場所で女性を待つ瞬間だ。顔の知らない相手とメッセージを続けた先に待つ初対面の時間に感動を覚えるのだ。嫌でも期待は高まる。

集合は土曜日の夜。当然、頭で思い描くのはお持ち帰りだ。2人きりの空間でボディタッチを繰り返し口説くのは、非常にベターだが勝率の高いやり方だ。私はホテルまでの一連のフローを思い浮かべながら彼女を待った。

「おまたせしました。ごめん、待ったかな?」

5分ほど待って私の前に現れたのは、グラマー系美少女だ。プロフィール画像よりも可愛い彼女は内山理名風で、グレーのタートルネックが豊満な胸の膨らみを強調していた。

(これは当たりだ…)

今でも覚える強烈な記憶のひとつだ。彼女のルックスの予想が良い意味で裏切られたからだ。だから、恋活アプリはやめられない。私たちは個室バル(居酒屋)へ足を運んだ。

私は個室バル(居酒屋)を選ぶ

この個室バル(居酒屋)を選んだのはいくつかの理由がある。

  • 横並びの座席:横並びの座席なら、向かい合わせにならずに会話できる。男性のあなたにとって、初対面の女性との向かい合わせはストレスが大きい。スムーズに会話するなら横並びは必須だ。ボディタッチしやすいのもメリットだ。
  • 美味しい料理:不味い料理はあなたの心象を下げる。せっかくのディナーなら、美味しい料理を満足行くまで食べたいものだ。当然、前菜・肉・魚料理はどれも甲乙つけがたく全て美味しい。
  • 暗い店内:店内が暗ければ、お互いの警戒心が緩む。あなたの緊張は隠せるうえ、良い雰囲気に持ち込みやすい。
  • 夜景の観られる大きい窓:夜景はひとつのアクセントだ。窓際で綺麗な景色が観られるに越したことはない。

まさにデートにはうってつけなのだ。私たちは席に座り、お互いの話をし始めた。

たとえば、就活での苦労話、留学先の出来事、バレーサークルでの出来事、好きな・嫌いな食べ物、男性経験、ペアーズを始めたきっかけなどだ。

彼女はFacebook(フェイスブック)広告を見てペアーズに登録したようだ。ペアーズで会った女性はみな「友達に誘われた」と言うことが多く、珍しいと思ったのをよく覚えている。どうやら彼女は、彼氏との別れ、会社内定が重なったことがきっかけでペアーズに興味を持ったらしい。

「時間もあるし寂しーって思って」

「なら、こっちおいでよ」

私は肩を抱き、彼女を引き寄せた。抵抗することなくこちらにもたれかかる彼女の様子を見る限り、案外まんざらでもなさそうだ。

「この肩…内山理名に似てるとか言われない?」

「なにそれw」

大胆にスキンシップを取ったことで私たちの仲は急速に深まっていった。恋の進展には一線を超える大胆な行動がポイントだ。

「ねぇ、明日まで一緒にいようよ」

「…うん」

勝利だ。頭の中で盛大なファンファーレが鳴り響く。私たちは会計を済ませ、すぐに店を出ることにした。

おごり?割り勘?
女性と飲食を共にするとき、おごりにするか割り勘にするかの選択が迫られる。もしもあなたが女性に対して本気なら、飲食代金は全ておごりにしよう。割り勘はあなたの本気度が感じられないからだ。

付き合い…そして別れ

このあと、私たちはホテル街に消えた。彼女の白く豊満な肉体を堪能したのは言うまでもない。

ただし、ワンナイトの関係で終わらなかったのは、ひとえに彼女のレベルが高かったからだ。美人ぞろいのペアーズでも、ひときわ輝いているように見えたのだ。私は運が良かった。

結局、仕事の都合で2ヶ月ほどで別れてしまったものの、今では良い思い出だ。

ペアーズの圧倒的成長の秘密

まずは、Facebook恋愛・婚活マッチングアプリ「pairs(ペアーズ)」について少し見てみよう。

ペアーズは、2016年9月時点で累計会員数が450万人を超えたマッチングサービスだ。2014年8月時点で130万人の会員数を誇っていたことを考えると、圧倒的に成長を遂げていることがわかる(データドリブンでつくる「pairs」の会員数は130万人、NYのOnline Datingサービスにも出資するエウレカ – THE BRIDGE(ザ・ブリッジ))。

実際、Googleトレンドで月々の検索ボリュームを比較すると勢いがわかる。以下のグラフは、Facebook連携恋活アプリの「pairs(ペアーズ)」「Tinder」「Omiai」「タップル」「マッチドットコム」の検索ボリュームを日本国内に絞って比較したものだ。ペアーズの勢いが一目瞭然だ。

MMD研究所のスマートフォンを持つ20〜30代の独身男女を対象とした、マッチングサービス・アプリ(出会い系サイト)に関する利用実態調査によれば、使ったことのあるサービスでペアーズが1位を獲得している。

1位はペアーズ

それでは、なぜペアーズは受け入れられたのか?元代表取締役CEOの赤坂優氏は、ペアーズを始めたタイミングについてこう語っている。

当時のガラケー主流の出会い系サービスは、サクラやポイント制での高額請求など詐欺まがいのものが横行していました。一方で、SNS市場はmixiからtwitterやFacebookにどんどん人が流れていました。つまり実名サービスで、自分の顔写真を載せる文化が浸透しはじめたころでした。国内の出会い系の市場に問題があり、こうしたSNSサービスのトレンドが存在していたため、成功に導けると思ったのです ー スピード命、eurekaがVCを入れずに成長できた理由 | HRナビ by リクルート

ペアーズはFacebookで実在の人物と連動し、サクラや援助交際、割り切り、援デリ業者、悪質業者などを極力排除することに成功した。出会い系の怪しいイメージを払拭し、20代30代が安全に使えるアプリとしての地位を確立したのだ。

相席屋より安い有料会員登録料金

ペアーズは男性は有料、女性は無料で利用できる。男性の有料会員登録料金は以下の通りだ。

決済方法
クレジットカード Apple ID Google Play
有料会員 1ヶ月プラン 2,980円/月 4,100円/月 3,000円/月
3ヶ月プラン 2,860円/月
(一括8,580円)
3,933円/月
(一括11,800円)
6ヶ月プラン 2,380円/月
(一括14,280円)
3,133円/月
(一括18,800円)
12ヶ月プラン 1,898円/月
(一括22,780円)
2,483円/月
(一括29,800円)
プレミアムオプション 2,980円/月 4,100円/月 3,000円/月

クレジットカードがあれば、1月あたり最安2,000円弱で利用できる。競合の相席屋が1時間あたり3,000円程度だと考えると、非常に良心的な価格で利用できることがわかるはずだ。

トラブルや悪い口コミ・評判

とはいえ、マッチングアプリの利用で見逃せないのは悪い評判だ。あなたの脳裏には出会い系サイトの後ろめたいイメージが付きまとうからだ。懸念を払拭できない限りサービスの利用に踏み切ることはできない。

そこで不安を抱えるあなたのためにペアーズの悪い評判をまとめてみた。じっくり目を通してみてほしい。

サクラがいるのでは…?

ペアーズにはサクラは存在しない。料金体系が定額制だからだ。サクラを使う可能性があるのはポイント制の出会い系サイトばかりだ。ここで一度比べてみよう。

ポイント制 1通あたり50円
定額制(ペアーズ) どんなにメッセージを送っても定額

ポイント制の出会い系サイトはメッセージ送信の度にお金がかかる。つまり、サクラを動員してメッセージ数を増やせば売上は上げられるのだ。

一方、ペアーズでは月々の料金が決まっているのでサクラを導入する意味がない。むしろ「会えない」恋活アプリとして名前が広がるだけだ。だからペアーズにはサクラは存在しない。

悪質な業者がいるのでは…?

悪質な業者の存在は否定できない。Facebookアカウントと身分証明書があれば、誰でも会員登録できるからだ。問題は、どの業者が出入りしているかだ。

  • ①悪質出会い系サイト関係者:存在する。
  • ②アムウェイ会員:存在する。
  • ③美人局:存在する可能性は低い。少なくとも私の観測範囲で聞いたことはない。
  • ④援デリ業者:存在する可能性は低い。援デリ業者の主な活動拠点はPCMAXやハッピーメールなどのポイント制の出会い系サイトだからだ。

つまり、あなたは①の「悪質出会い系サイト関係者」と②の「アムウェイ会員」にのみ注意するべきだ。特に①は手口が狡猾なため、手口を知っておく必要がある。

悪質業者の手口

悪質出会い系サイト関係者の目的は、あなたを詐欺出会い系サイトに登録させることだ。ペアーズからサイトに誘導し、課金し続けることを目論んでいる。手口は以下の5つに大きく分けられる。

①あなたとマッチング 美人の画像でよく練られたプロフィールが記載されている。
②特別感を醸し出すメッセージ 男のポイントを押さえた非常に丁寧なメッセージのやり取りがなされる。
③LINEへの移行 LINEの交換を提案。LINE移行後はペアーズでブロックされることが多い。
④別URLへの移行 別URLでのやり取りを提案。LINEでは連絡が取れなくなる。
⑤詐欺出会い系サイトでのやり取り URL先では確かに連絡が取れる。しかし、途中で課金が必要になる。

悪質業者の見分け方

悪質出会い系サイト関係者は、プロフィールに表示されるFacebookの友達数で見破ることができる。彼らは10~30人程度しか友達がいない。Facebookの偽アカウントで友達数を増やすのは、面倒な作業なのだ。

だから、美人の割に極端に友達数が少なければ、業者と疑ってかかるべきだ。それに、「別URLでのやり取り」を提案する時点で見破ることもできる。

心配はない。

彼女は本当にできるのか…?

以下のグラフは、「マッチングサービス・アプリを使って実際に会った人とのその後」の展開について、アンケートを取ったものだ。

会った人とその後の展開

  • 付き合っていたが別れた:32.8%
  • 現在付き合っている:27.5%

を見れば分かる通り、1度でも付き合ったことのある人が10人に3人いることは、あなたにとって心強いデータのはずだ。

pairsを無料体験

特徴①:婚活も視野に入れた真剣な交際が狙い
特徴②:圧倒的なサクラの少なさ
特徴③:無料でマッチングし放題の圧倒的コストパフォーマンス

無料体験してみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*